身体の働きに影響するふくらはぎの役割・関連疾患

ふくらはぎの重要な役割

ふくらはぎは、血液循環のポイント第2の心臓といわれています。

全身の血液は、心臓から送られて、また心臓に戻るというように循環しています。人体の血液は、70%が下半身に集まっています。
ふくらはぎは下半身の血液を心臓に押し戻すポンプ作用があることから「第2の心臓」と言われています。そのポンプ作用となる筋肉の働きは、乳搾りのようであることから「ミルキングアクション」と呼ばれています。
ふくらはぎは直立歩行をする人間に与えられた重要な器官なのです。
ふくらはぎは、全身の血液循環を促進するだけでなく、「血管の老化」を防ぐともいわれています。ふくらはぎをケアして、「ミルキングアクション」を促すことは、全身の血行改善や健康維持にも役立ちます。

血液の循環について

血液の循環は、体循環(心臓⇔全身)と肺循環(心臓⇔肺)に分けられます。



体循環の役割としくみ … 心臓⇔全身

血液は全身を循環することで体中の細胞に酸素と栄養素を供給し、二酸化炭素と老廃物を回収しています。心臓から送り出された血液は動脈(厚く弾力がある血管壁)を通って体中の毛細血管を回り、細胞から二酸化炭素と老廃物を回収し静脈(血管壁は薄く延びやすく、逆流を防ぐ弁がある)を通って心臓に戻ります。
心臓は弛緩と収縮を繰り返して血液を送り出すポンプの役目を果たしていますが、血液を吸い上げる力があるわけではありません。
静脈周辺の筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで静脈を絞るようにして血液を心臓まで押し戻しています。(ミルキングアクション)

肺循環の役割としくみ … 心臓⇔肺

心臓に戻った静脈血は心臓と肺を結ぶルートを通り、肺で二酸化炭素が取り除かれ酸素が供給されます。
心臓より下部の血液は、重力に逆らって心臓まで戻らなければなりません。
下半身で血液が停滞すると全身を循環する血液の量も少なくなり、他の器官に十分な酸素と栄養が行渡らなくなってしまいます。
それが体調の悪さや病気を引き起こす原因になります。

ふくらはぎの関連疾患

足の冷え感・だるさ

●足の冷え感・だるさの発生する原因

足の冷え感・だるさは、下肢の血流が滞ることによって発生します。1日中座り続けたり、日ごろの運動不足によって足の筋肉を動かさなかったり、また自律神経の乱れによって、重力の影響により約70%が下半身に集まっている血液が、下肢から心臓への血液の戻りが悪くなり足が冷えたり、足のだるさを感じたりするのです。

この症状を改善するには、血液を下肢から心臓へ戻すポンプの役割を果たす静脈の機能である「ミルキングアクション」を促進させなければなりません。

つまり、血液が静脈を通って心臓へ向かってスムーズに流れるよう、ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返し静脈に圧力をかけ、血液を下肢から心臓へ戻すポンプ作用が機能すると血流が良くなり症状は次第に改善していきます。

疾患効果検証はこちら

むくみ

●むくみとは

むくみは、医学的には「細胞と細胞の間に、間質液と呼ばれる水分が過剰に溜まった状態」のことを言います。
靴下のゴムがくっきり残ったり、靴がきゅうくつになったと感じた時、ふくらはぎを指で押さえてみるとくぼみができたことはありませんか。これは、ふくらはぎにむくみが発生したために起こる、むくみのサインです。

●むくみが発生する原因

特に、ふくらはぎがむくみやすいと言われています。その原因として、重力の影響により約70%が下半身に集まっている血液が、立ち仕事・デクスワークなど長時間座りつづけていると、足の血液が心臓に戻らず下半身に血液が滞りうっ血するので、間質液がふくらはぎの静脈に吸収されず、ふくらはぎがパンパンになり、ふくらはぎがむくんでしまうのです。
むくみを改善するには、ふくらはぎ役割であるミルキングアクションと呼ばれるポンプ機能を促進させ、血液をズムーズに心臓へ返すことが最も重要です。

疾患効果検証はこちら

アンチエイジング

●アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、年を取ることによって起こる老化の原因を抑制して、身体の機能的な衰えである老化を予防もしくは改善することです。特に老化の影響を受けやすい、肌に発生するシミやシワ、たるみなど美容分野の面で注目されています。

●肌の老化の原因

皮フは、「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、表皮の一番内側にある「基底層」で「表皮細胞」が生まれ、どんどん上へと押し上げられて、「角質細胞」になります。そして「垢」となりはがれ落ちます。このサイクルで、肌の新陳代謝がおこり、肌が生まれ変わります。このサイクルを「肌のターンオーバー」といい、約28日周期で訪れます。肌の老化メカニズムは、以下のように考えられています。

肌のターンオーバーは、20才代をピークに周期が長くなり、主に年を重ねるとこのサイクルもどんどん日数がかかるようになります。
サイクルガ遅くなると自然に剥がれるはずの角質細胞がいつまでも剥がれずに、肌の表面にたまり角質層が厚くなってしまいます。そのため皮フ表面の古い角質が残ってしまい、その角質が厚くなります。そのため、肌がくすんで見えるようになります。また、年令とともに角質層も乱れ、層が厚くなってきて、メラニン色素も皮フに残り易くなり、肌の老化の一つであるしみの原因のひとつとなるのです。
つまり、肌の老化を予防するには全身の血流を良好にして、新陳代謝を促進させ、細胞機能や免疫力の低下を防ぎ、肌のターンオーバーの周期を改善する必要があるのです。

疾患効果検証はこちら

変形性膝関節症

●変形性膝関節症とは

肥満・加齢や膝の使いすぎ・筋力低下によって、膝関節のクッションである軟骨のすり減り、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる疾患です。中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く、50歳以降になるにつれて発生頻度が増えていきます。

●症状

痛み:初期 動作の開始時痛→立ち上がり、歩きはじめ。進行すると階段の昇り降りにも痛みが生じます。
伸びない、曲がらない:当初は、曲げ伸ばしがし辛い程度ですが、関節の変形、関節に水が溜まったりすると、膝が伸びきらず、正座が辛くなります。
不安定感:変形や筋力低下が進むと不安定感が生じ、ヒザ裏のつっぱり感が出現します。その理由は、不安定な膝関節の後面を支えるために、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)が過度に緊張するためによって生じます。
膝関節の変形を防ぐことはできません。けれども、適度な運動や下肢の筋力アップ。そして膝を支える筋肉の緊張を和らげることによって痛みのコントロールをすることは可能です。無理なく自分の体力や症状を考えて自分のペースで少しずつ毎日の生活に取り入れていきましょう。 

疾患効果検証はこちら

高血圧

●高血圧とは

心臓は、心筋が収縮・拡張することで動脈の血管壁に一定の圧力をかけ、全身に新鮮な血液を送り出していきます。その際、血管壁にかかる圧力を血圧といい、その圧力が一定以上の高さで(上:140mmHG以上)持続している場合が高血圧と言われています。

●高血圧の原因

高血圧の90%以上は、原因が不明です。しかし、生活習慣と遺伝的な体質が関係していることは解明されています。原因により、「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されます。「一次性高血圧」は、「本態性高血圧」とも呼ばれ、特に明らかな異常がないのに血圧が高くなります。一方、「二次性高血圧」は、腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があるものを言います。こちらは、原因となる病気が治ると、高血圧も改善します。 ただ、いずれの原因にかかわらず共通していることは、高血圧になると全身の血流が阻害され、足がうっ血するため心臓に戻る血液量が減少します。心臓は少ない血液を全身に向けて送り出すため、心筋が強く収縮して、血管の圧力を高めるため高血が高くなるのです。
しかし、高血圧自体の自覚症状はあまりはっきりしません。しかし、高血圧の恐ろしさは、を放っておくとやがて発症する高血圧合併症にあるのです。

●高血圧合併症とは

高血圧で最も問題な動脈硬化
動脈硬化とは、血管が弾力を失い硬く厚くなり、血管の通り道が狭くなる3つの変化を起こし「血管の老化」が発生します。そして、そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はますます上昇します。つまり、高血圧→動脈硬化→高血圧、という悪循環が、より動脈硬化を促進するのです。
そして、この血管の老化がやがて日本人の死因ランキング2位心臓病(狭心症・心筋梗塞)、3位脳卒中(脳梗塞・脳出血)を発症する引き金となり、高血圧そのもより合併症の発症が、高血圧の怖さがあるのです。

疾患効果検証はこちら

ふくらはぎマッサージ体験者インタビュー

「ふくらはぎマッサージ」を受けられる店舗を見る