ふくらはぎの効果検証

高血圧について

高血圧とは

心臓は、心筋が収縮・拡張することで動脈の血管壁に一定の圧力をかけ、全身に新鮮な 血液を送り出していきます。その際、血管壁にかかる圧力を血圧といい、その圧力が一定以上の高さで(上:140mmHG以上)持続している場合が高血圧と言われています。

高血圧の原因

高血圧の原因は、足がうっ血するため心臓に戻る血液量が減少すると、心臓はその少ない血液を全身に向けて送り出すため、心筋が強く収縮して、血管の圧力を高めるので高血圧が発症するのです。

高血圧が継続するとどうなるのか?

高血圧が長く続くと、動脈の血管壁への負担が増し血管が早く傷み、血管の老化が進むと言われています。血管の老化は、動脈硬化を発症することになるので、血管が(1)硬くなる、(2)厚くなる、(3)血液の通り道(内腔)が狭くなるという、3つの変化が起こります。そこで、血管の老化の進行にストップをかけるには、血圧を下げ、「血管の若返り」を果たす必要があります。それを可能とするのが、ふくらはぎマッサージなのです。

ふくらはぎマッサージの効果 

高血圧の方は、ふくらはぎが全体的に硬く締まっています。その硬く締まったふくらはぎをしっかりとマッサージを行うことで、ふくらはぎの筋肉の柔軟性が向上します。ふくらはぎが柔軟になると、筋肉の収縮力もアップして、心臓に十分な血液を戻せるようになっていきます。すると、心筋は無理に大きな圧力をかけずに血液を流せるようになり、血圧も自然と下がり安定します。そして、継続してふくらはぎマッサージを行うと血管の老化の進行も防ぎ、血管の若返りが可能となるのです。

まとめ

ふくらはぎマッサージによって心臓の血流不足を改善し、血圧を低下させることが可能です。その継続が、血管の老化を防ぎ、血管の若返りが実現できるのです。

ふくらはぎマッサージ体験者インタビュー

「ふくらはぎマッサージ」を受けられる店舗を見る